男の着こなし|アルマーニのスーツからTシャツまで

スーツのお手入れ

フォーマル

オーダースーツを仕立ててもらっても、日々のメンテナンスが悪かったらあっという間にボロボロになってしまうので、きちんとお手入れをしましょう。オーダースーツのお手入れというのは道具さえ揃っていれば初めての人でも気軽に行えます。東京では、このような仕立て屋さんは多く、手入れの道具も基本的にはそろっています。
まず、きちんとハンガーに吊るすことは基本中の基本です。そのまま適当にたたんでしまったら皺になったり形が崩れてしまい、せっかくの仕立てが台無しになってしまいます。ハンガーも肩幅に合ったものを購入することが推奨されますが、仕立て屋さんからもらったハンガーを使えば大抵の場合は問題ありません。
そして、ポケットを空にし、きちんとしたハンガーに吊るし終えたら、ようやくお手入れを始めることができます。まず。洋服ブラシを使い、眼に見えないホコリを払い落としましょう。洋服ブラシは基本的に仕立て屋さんで売っているので、オーダースーツを注文すると同時に購入しておくことが推奨されます。そしてブラシでホコリを落とした跡は、陰干しして一日休ませます。スーツというのは毎日着るものではなく、ローテーションできるものです。もし、オーダースーツが一着しかないなら、既製服を購入しましょう。既製服ならすぐに用意できるからです。その間に金銭に余裕があるならもう一着オーダースーツを作るのも良いかもしれません。
東京の仕立て屋さんは高級店からリーズナブルなお店まで一通り揃っているのでインターネットで検索すれば東京の様々な仕立て屋さんの情報が入手できます。また、お手入れに関するアドバイスも東京の仕立て屋さんでは行っているので、わからないことは気軽に聞いてみましょう。