男の着こなし|アルマーニのスーツからTシャツまで

歳相応の着こなし

男性

メンズファションにおいて重要なこと。それは「歳相応の着こなしをする」ということです。例えば、20前後の若者が威厳ある服の着こなしをしようとしても本人に風格が足りないことのほうが多く、どうしても背伸びをしているように見えてしまうものです。逆に壮年の男性が20代のファッションを真似したとしても、かえってギャップが激しくなり、ちぐはぐに見えてしまうものです。このようにメンズファッションでは「何が今の自分にぴったりなのか」ということを念頭に置いておきましょう。
若年でも壮年でも、メンズファッションはまず色合いから考えてみましょう。基本的に、茶色や灰色など渋目で落ち着いた色を基調にし、原色のものは基本的に着ないことが推奨されています。逆に若い人の場合は気持ち明るめの色を着こなしたり、若者向けのブランドから出ている服を着てみましょう。
もっともハズレがないのは、メンズファッション雑誌を見て真似することです。そこには現在の流行が書かれており、ファッションリーダーによるこだわりやメンズファッション初心者のためのアドバイスが書かれていることが多く、自分であれこれ考えるよりも遥かにわかりやすく、具体的に書かれています。また、通販で服が購入できる雑誌もあるので、気になった着こなしは通販雑誌や通販サイトで探し、マネをしてみましょう。初心者のうちは自分で変なアレンジを入れるよりも、素直に雑誌に従ったほうが、かっこよく着こなすことが可能です。